テーマ:立松和平

知床は暑かった!

知床に行きました。 立松和平さんたちが16年前に知床に知布泊(チップドマリ)村をつくられ、毎年例祭がこの時期に行われています。 参加したのは今回でまだ2回目ですが、この村には「毘沙門堂」「聖徳太子殿」「観音堂」の3つが祭られています。 そのうち、毘沙門堂は福島泰樹さんが奉納したもので、残りの2つは法隆寺から招来されたも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『さらば、立松和平』6月下旬発行

福島泰樹編著『さらば、立松和平』を6月下旬から書店に並びます。 本書は、作家立松和平さんが本年2月8日に死去されたことを追悼する意味で、長年の友人で同志でもある歌人の福島泰樹さんが、まとめたものです。 内容は、和平さんによる福島泰樹の歌論、二人の対談、福島さんによる立松論、そして福島さんの書き下ろし(両人共通の友人をとおした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「遥かなる友へ 追悼 立松和平」コンサート開催

歌人の福島泰樹氏が、立松和平さんを偲んで短歌絶叫コンサートを行います。 6月21日(月)、22日(火)、28日(月)、29日(火)の4日間にわたって、去る2月8日に亡くなられた作家の立松和平さんを偲んで、古くからの友人で同志でもあった福島泰樹さんによる特別コンサートです。 このコンサートは、「絶叫コンサート」40周年記念も兼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無念きわまる僕のため もっと電車よまじめに走れ

福島泰樹という歌人がいる。 毎月10日に、吉祥寺の曼荼羅で短歌絶叫コンサートをしているが、今年で40年になるという。 彼を著名にしたのは「バリケード・一九六六年二月」という歌集だった。その後、若山牧水賞をとり、短歌一筋に生きている。 彼はまた、立松和平の親友でもあり、かつまた浅草にある法昌寺の住職でもある。 先日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立松和平さんの追想集(非売品)を偲ぶ会当日配布

3月27日の午後2時から「立松和平さんを偲ぶ会」が青山葬儀所で行われます。 それにあわせて、知人・友人たちで追想集を出すことになりました。急なことでしたが、60名以上の方に追悼文を書いていただき、なんとか編集を終えて印刷所に入っています。 当初は60ページぐらいかと予測していたのですが、100ページを超える大部なものになりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワッペイさん追悼文 3月27日午後2時から青山葬儀所で偲ぶ会

立松和平さんを偲ぶ会が3月27日午後2時から東京・青山葬儀所で実行委員会によって行われます。一般の方でもご参加ください。 以下は、当日配布予定の追悼集に書いた文章です。 「●●くん、どう、だいじょぶかい」  一九七十年代初め、私が早稲田に入ったころは、学生運動も下火になり、投げやりで、しかしどこか燻るような、いしだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立松和平さん死去

大学の先輩である立松和平さんが、突然、お亡くなりになりました。2月8日夕方のことです。 別の先輩から電話があり、急遽病院に駆けつけました。そのあと、ご自宅までご遺体を運び、浅草法昌寺の住職で絶叫歌人として知られる福島泰樹さんのお経により通夜を行いました。 葬儀はその後、関係者だけで法昌寺で行われました。 本当に突然のこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more