テーマ:日本人の国土観

ハシビロコウは変な鳥@上野動物園

上野動物園に行ってきました。ハシビロコウという鳥を見るためです。 いました。SF映画に出てくる模型のようです。 この鳥の名前の由来は、「くちばしが広いコウノトリ」ということからきているそうです。高さは120センチもありますから、巨大です。空も飛びます。魚などを採るそうですが、そのときは数時間はジッとしているそうで、今回見に行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふるさと暮らしコーディネータ養成セミナーに行きました

NPOふるさと回帰支援センターが毎年行っている「ふるさと暮らしコーディネータ養成セミナー」は、今年も盛況で全国の自治体等からたくさんの人が集まりました。 “日本”というかたちが見えなくなっている状況で、田舎暮らしをしてみたいという人は年々増えているようです。農業に関心が高いのもその現れなのでしょう。かといって、田舎暮らしも農業もそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ1月は長く感じるか

毎年、1月はすごく長く感じます。 これは私だけではないようで、たぶん正月の長い休みがあり、そのために仕事の時間が長く感じられるのかもしれません。 そういえば、子どものころの時間のたち方も長く感じました。毎日遊ぶだけの日課で、いつも時間をもてあましていたのを思い出します。そのうちに日が暮れるころには、それぞれ母親が呼びに来て、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おめでとうございます。

以下は、今年出した賀状のテキストです。 「起きて半畳 寝て一畳 天下獲っても二合半」 人間に必要なスペースは所詮これぐらいで、例え天下を獲ったとしても、一日に食べられる飯の量はたかが二合半だということです。昔からあることわざです。 この言葉との出会いは、戦後の新宿の闇市を仕切り、「光は新宿より」のスローガンで街を復興さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

厳しい時代を乗り切れるのか

とうとう年末になりました。 今年は社会としては決していい年ではなかったでしょう。しかし、個人的には非常に充実していました。実は、充実していなかった年は、これまでほとんどといっていいほどありません。具体的な成果といわれると困りますが、毎年毎年それなりに納得がいっています。不満は、結果が思った以上に出せていないことです。しかし、それが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忘年会と新年会で使えるお酒

忘年会や新年会では、よくお酒を持参して参加することがありますが、今回はそのときに使えるとっておきのお酒を紹介します。 なぜとっておきかというと、その名前が絶対に受けること間違いないからです。話題になり、盛り上がることは実証済みです。 そのお酒の名前は「悪乃代官」(香川県川鶴酒造)です。役所関係の集まりにはピッタリです。といっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more