宮台さんSFCセミナー終了と六本木ヒルズ

計算不可能性を設計する―ITアーキテクトの未来への挑戦 (That’s Japan)

昨23日に六本木ヒルズで行われた慶應義塾大学藤沢キャンパスのオープンリサーチセミナーは満員の盛況のうち、無事終了しました。

宮台真司さんは入稿の関係で2時間しか寝ていないとのことで、少しやつれ気味でしたが、内容的には疲れを感じさせない充実したものでした。

ということでセミナーが終わり、宮台さんや神成さんたちとヒルズ内でランチをしたのですが、なんといってもどのレストランも値段が高いのには驚きます。入ったレストアランは、ランチプラス飲み物1杯で1人3600円でした。

六本木ヒルズは内部が複雑で、なかなか目的地にたどりつけないとか、エレベータの止まるフロアが奇数階と偶数階になっていて、2フロアの事務所はエレベータが使えないとか、全体のデザインがイマイチだとか、いろいろと問題あるようです。私も二度と来ることはないでしょう。だいたい、こうした変に緊張させる威圧的なところ、つまり、「どうだい、ここは」と強く自己主張するような場所をつくるという気が知れません。

休日のせいか、たくさんの人が来ていましたが、東京はほかに行くところがないのでしょうか。展望フロアと美術館のタダ券をもらったので行ってきましたが、展望フロアだけが、天気もよくいい感じでした。セミナーやSFCの展示はともかく、「それだけー」でした。

画像

                 神成研究室が行っているトマトの研究とその成果

画像


画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック