宮台真司さん・神成淳司さんのトークショーの準備は順調

6月25日に丸の内オアゾの丸善3階で、「計算不可能性を設計する」のライブ版を行うことは既にお知らせしていますが、その準備が着々と進んでいます。

トークショーぐらいで準備? 何の? とお思いかもしれませんが、これも前にお知らせしましたが、新しい試みをするつもりです。その試みとは、(1)ネットライブ、(2)ライブチャット、そして終わったあとは映像をユーチューブで流すことです。とくに(2)のチャットでは、会場及び外の参加者とのパソコンアクセスを可能にし、トークショーをしながら意見をもらったり、アンケートにも答えてもらおうという趣向です。

ただし、まだどこまでできるか不安要素もあります。というのは、トークショーを行いながら同時進行でチャットをするわけですから、混乱することが予想されます。ただ、“参加”ということでは、面白いのではないかと思っています。これまでのように、講師の発言垂れ流しとお愛想の質問だけではなく、まさにライブで意見が飛び交うわけですから…。

しかし、先ほども述べましたが、少し混乱があるかもしれません。でも、混乱は前進のための一歩と考えていただければ幸いです。


ということで、昨日11日は前リハーサルでシステムのイメージを神成さんおよび彼のSFCの生徒さんたちとつくりました。おもしろかったのは、リハーサルがいつのまにか授業になっていたことです。さすがに先生と生徒の関係、ということでしょうか。生徒さんたちにとっても、現場で自分の技術なり知識が活かせるわけですから、まさにOJT(オンザジョブトレーニング)でした。座学も重要ですが、やはり現場。これが神成さんの信条というところでしょうか。

画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック