That's Japan 番外地

アクセスカウンタ

zoom RSS 吉本隆明さん逝去1年の会

<<   作成日時 : 2013/03/18 12:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

吉本隆明が死んだのは昨年の3月16日。ウェイツからも「よせやい!」を発行したさいには、吉本さんにはたいへん御世話になった。そのほかのことでも、僕が訪ねていくと、雑談しかしないのだが、ほんとうに快く会っていただき、晩年は、「ここで結構ですから」と言っても、いつも玄関まで這って見送っていただいた。頭が下がる想いで、いつも涙が出た。
昨日は逝去1年の会が如水会館で行われ、歌人の福島泰樹さんに誘われて出席した。みなさん、吉本さんにゆかりの人たちばかりで、終始なごやかに会が進んだ。
ただ、思い出話がほとんどだったので、次回は何か趣向を凝らさないといけないかもしれないが、なかなか難しいかもしれない。
吉本さんは原発や核について、「科学技術の進化の過程であって否定はできない」、という感じのことをおっしゃっている。これに対しては反対意見も多いらしいが、吉本さんの発想はまったく正しい。戦争も核も、減らすことを考えるしかないが、なくなることはない。これは人類のサガでもあると思う。
別の話になるが、最近LEDという照明器具が省エネなどということではやっているが、実はLEDには「ブルーライト」の問題があり、LEDを長く使いすぎると人間の目にはブルーライト症候群が表れ、睡眠障害などを引き起こす。
あるいは、ヒラリー・クリントンは失明するそうだが、これもダイエットコーラの飲みすぎで肝臓がいかれたことによるという。ダイエットと肝機能低下。つまり、あらゆる科学技術の発展には正の部分に付随して必ず負の部分が伴う。
核も原発もしかり。ただし福島第一原発で言えば、これは完全に東電という利権組織の怠慢でしかなく、まさになんとかに刃物という類であることはまちがいない。
そういえば、東海村の原発も、3・11が発生するちょうど1週間前に電源が高台に移設される工事が終わったという。もしも工事が遅れていたならば、東京はすでに消失していた。恐ろしいというか、あきれ果てる。 

写真は吉本さんが命名した日本酒「横超」。最近、日本酒を飲む機会が多いのだが、それなりに美味しいお酒だった。ちなみに「横超(おうちょう)」とは、親鸞の話によく出てくる言葉だそうで、「横っ飛びに悟りの世界に入ること」だそうだ。過去の思想家や宗教家を時間を引き寄せて同列に置くという、いかにも吉本さんらしい方法論といえるかもしれない。
合掌。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
吉本隆明さん逝去1年の会 That's Japan 番外地/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる