That's Japan 番外地

アクセスカウンタ

zoom RSS 「戦後史の正体」読みました。

<<   作成日時 : 2012/11/13 13:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

孫崎享氏の「戦後史の正体」ですが、かなり目からウロコの部分がありました。
以下に簡単に列挙します。
1 戦後レッドパージされた人は22万人もいたこと。
2 岸信介は60年安保辞任したが、これはアメリカによる辞任行為だったこと。つまり、安保闘争が原因で辞めたのではなく、あくまでもアメリカに「地位協定」で逆らったために、アメリカ側が追い込んだようだ。
3 佐藤栄作も同じようにアメリカに対して「沖縄返還」を迫ったために、アメリカの反感を買った。
4 吉田茂は対米追随派で、決して日本の独立は求めなかった。

ほかにもあるのですが、これまでの戦後史のイメージは本書によって大きく変わりました。アメリカの陰陽における影響の強さは半端ではない。
田中角栄が唯一アメリカに逆らってロッキードで辞めさせられたというのは記憶にあり、唯一の反米独立首相かと思っていたが、どうもそうではなく、まさにいかに日本の独立を勝ち取っていくかが、ときの、そして今でも首相の最も関心のあったことだったのでしょう。もちろん、追従型のダメな首相も多くいたようだが。


吉田茂についてはサンフランシスコ講和条約調印の帰りの飛行機で、同行した白洲次郎から「時代が変わったのだから、引退すべき」と言われたにもかかわらす、居残り続けたところに晩節を汚した感じがします。

吉田は外務省出身で戦前から欧州の考え方の影響を受けているはずなのでアメリカからの自主独立かと思っていました。少し前のNHKのドラマでも吉田は独立派のイメージだったのですが…。

いずれにせよ時代の流れの中で翻弄されてきた面もあるように思います。

岸信介は、なぜ「声なき声」という意味不明な発言ではなく、きちんと「日本の地位を上げるためにアメリカと闘っている」といえなかったのでしょうか。もしそう言っていれば、安保闘争も別の流れになったような気がします。

佐藤栄作も、なぜ「アメリカから沖縄を取り戻して、日本の独立をめざす」という言い方をしなかったのでしょうか。当時は佐藤は「アメリカ追従」のイメージしかありませんでした。

日本もこれからは公文書を30年たった段階で公開するなどのことが必要な気がします。


画像は12月3日に開催される「港と文化」の講演会です。ウェイツが企画担当をしています。ご参加ください。


画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「戦後史の正体」読みました。 That's Japan 番外地/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる